【スポンサーリンク】

37得点18リバウンドのアンソニー・デイビスがネッツについて「ショットブロックが不足しているのは分かっていた」

37得点18リバウンドのアンソニー・デイビスがネッツについて「ショットブロックが不足しているのは分かっていた」

ロサンゼルス・レイカーズは現地13日にブルックリン・ネッツと対戦し、勝利した。

アンソニー・デイビスはこの日、37得点、18リバウンド(10オフェンシブリバウンド)と爆発。

デイビスによると、ネッツはインサイドに弱点を抱えているため、レイカーズはペイントエリアに攻め込む戦略を立てていたという。

デイビスはネッツ戦を振り返り、次のようにコメント。lakersnation.comが伝えている。

ただペイントエリア内に侵入し、インサイドでスコアリングしようと努めただけだ。

彼らにショットブロックが不足しているのは分かっていたからね。

スクリーンをセットし、ガード陣が(ニコラス・)クラクストンとマーキーフ(・モリス)にアタックを仕掛ける。

彼らがミスしても、僕の周りにはガードしかいない。

つまり、僕にはオフェンシブリバウンドとスコアリングのチャンスがある。

だからペイント内を支配するように努めたんだ。

デイビスによると、ネッツがダブルチームを仕掛けてこなかったため、アグレッシブにスコアリングを狙うよう心掛けたという。

レイカーズが次に対戦するのは、若手中心に再建中のデトロイト・ピストンズ。

先発センターのアイザイア・スチュワートが負傷離脱したことにより、デイビスには引き続きインサイドを支配するパフォーマンスが求められるだろう。

果たしてレイカーズは今季2度目の連勝を飾り、勢いづくことができるだろうか?

なお、ネッツ戦のデイビスのスタッツは以下の通りとなっている。

ネッツ戦
出場時間33:38
得点37
リバウンド18
アシスト2
スティール0
ブロックショット0
ターンオーバー1
FG成功率60.0%
(15/25)
3P成功率
フリースロー成功率100%
(7/7)
+/-+15

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA