【スポンサーリンク】

ドック・リバースHCがベン・シモンズの抱えていた問題について「ここを去るほどのものにすべきではなかった」

ドック・リバースHCがベン・シモンズの抱えていた問題について「ここを去るほどのものにすべきではなかった」

2016年のNBAドラフト1位でフィラデルフィア・セブンティシクサーズに入団したベン・シモンズは、ジョエル・エンビードとともに長くチームを牽引していくと思われていた。

だが、昨年のNBAプレイオフで十分なパフォーマンスを見せることができなかったシモンズはシクサーズファンから強烈にディスられ、シクサーズの一員としてプレイすることを拒否。

その結果、昨季中のトレードでブルックリン・ネッツに移籍したわけだが、シクサーズを指揮するドック・リバースHCによると、シモンズは問題に過剰に反応してしまっていたという。

リバースHCは当時を振り返り、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

僕が不満に思っているのは、ここを去るほどのことにすべきではなかったということだ。

今もそう思っている。

ベンにもそう伝え続けた。

あのようなことには対してはうまくやるべきだったが、彼らはそうしなかったということさ。

シモンズがシクサーズファンから強烈な罵声を浴びせられていた時、チームメイトやリバースHCはシモンズを十分サポートしなかったとされている。

いずれにせよシクサーズとシモンズの関係が改善することはないだろう。

シモンズ擁するネッツとリバースHC指揮するシクサーズは、プレシーズン初戦で対戦する。

もしシモンズが出場できれば、両チームはプレシーズンとはいえ激しいバトルを繰り広げるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA