【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC「違う結果を得たいなら違うことをしなければならない」

ドック・リバースは先日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのヘッドコーチに就任した。

ロサンゼルス・クリッパーズをプレイオフに導き続けたもののNBAタイトルに到達することはできず、カンファレンスセミファイナルでデンバー・ナゲッツに逆転負けを喫した後に解雇されたリバースHC。

リバースHCによると、解雇のニュースが報じられてから5時間の間に3つのNBAチームから面談のオファーがあったという。

最初に面談したシクサーズだったというが、なぜシクサーズのヘッドコーチ就任を決断したのだろうか?

リバースHCはその理由について次のように説明。clutchpoints.comが伝えている。

オーナーグループと話をし、エルトン(・ブランドGM)と話をし、その他の人々と話をした後、私はここならすごくフィットすると感じた。

彼らが私を求めているなら、私は決断しなければならなかった。

LAとフィリーを何度か行ったり来たりし、とんでもない1週間だった。

今週末が楽しみだ。

私は常にチャレンジしている。

常に違うスタッフを探している。

コーチとして、人としての私の成長は誰も止めることができない。

もし勝ちたいのであれば、それまでやっていたことを続けてはならない。

何か違うことをしなければならない。

自分自身をチームに捧げなければならない。

何かを諦めなければならない。

すべての選手がそうしなければならないと思う。

我々全員がそうしなければならない。

それこそが勝てる唯一の方法だ。

私はそうしたいし、選手たちにもそうしてもらいたいと思っている。

我々(クリッパーズ)は3勝1敗とリードしていたが、勝つことはできなかった。

3勝1敗はすごく良いことだ。

我々が素晴らしいことをやっていることの証だからね。

私が気に入らなかったのは、締めくくることができなかったということだ。

ここで勝利を手にするまで、それは私を長く悩ませることになるだろう。

リバースHCの就任を受け、シクサーズがロスターをどう構築し直すか注目が集まっているが、少なくとも来季もベン・シモンズとジョエル・エンビードを中心として戦うと見られている。

これまで数々のNBAスターをコーチングしてきたリバースHCは、シクサーズを立て直すことができるだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA