【スポンサーリンク】

Gリーグがトーナメントカップ大会を導入へ

Gリーグがトーナメントカップ大会を導入へ

NBA Gリーグの2021-22シーズンは、現地11月5日に開幕する。

それに先立ち、新たなトーナメントカップを導入することが発表された模様。

Gリーグによると、所属する28チームに選抜チームのGリーグ・イグナイト、メキシコシティをホームとする新規参戦のキャピタンズが加わり、全30チームが参加するトーナメントカップを導入するという。

参加する30チームは4つの地域に分かれ、それぞれの地域を勝ち抜いたチームにトーナメント出場権が与えられる。

さらにリーグ全体の成績上位4チームが加わり、合計8チームがトーナメントカップ優勝をかけて戦うことになる。

トーナメントカップ大会は現地12月19日から22日にかけて開催される予定だ。

また、トーナメントカップ大会に出場できないGリーグチームは、大会期間中に他のGリーグチームと2試合を行う。

なお、トーナメントカップ大会終了後にそれまでの成績は一旦リセットされ、現地12月27日から4月2日のレギュラーシーズンで各カンファレンス上位6チームがプレイオフに進出する。

ただし、今季はホームを持たないイグナイトとキャピタンズについては、36試合のレギュラーシーズンに参加しない見込みだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA