【スポンサーリンク】

パット・ライリーがロスターの大改革を約束?

パット・ライリーがロスターの大改革を約束?

昨季NBAファイナリストのマイアミ・ヒートには、NBAタイトル獲得の期待がかかっていた。

だが、怪我やNBAの健康と安全プロトコルなどにより多くの主力選手が離脱したことが影響したのか、NBAプレイオフ・ファーストラウンドでミルウォーキー・バックスにスウィープで敗れた。

この結果を受け、ヒートはロスターを調整すると見られている。

だが、単なる「調整」ではなく「大改革」になるかもしれない。

heavy.comによると、ヒートのパット・ライリー球団社長は先日、オフシーズンについて「たくさんのニュースが飛び込んでくることになるだろう」と語ったという。

ヒートがまず決断を下さなければならないのは、ベテランのゴーラン・ドラギッチとアンドレ・イグダーラへの対処だ。

ドラギッチとイグダーラの来季の契約はチームオプションとなっており、ヒートは現地8月1日までに決定しなければならない。

その他にも多くの選手がFAになるため、ヒートは大きな決断を迫られることになるだろう。

ジミー・バトラーとバム・アデバヨ以外の全員がトレード対象になり得るとも報じられていることから、来季のヒートは一新したロスターで戦うことになりそうだ。

なお、ヒートでこの夏にFAになる選手は以下の通りとなっている。

選手名備考
トレバー・アリーザ完全FA
ネマニャ・ビエリツァ完全FA
ドウェイン・デッドモン完全FA
ゴーラン・ドラギッチチームオプション
ウドニス・ハスレム完全FA
アンドレ・イグダーラチームオプション
ケンドリック・ナン制限付きFA
ビクター・オラディポ完全FA
ダンカン・ロビンソン制限付きFA
マックス・ストラス制限付きFA
ゲイブ・ビンセント制限付きFA
Omer Yurtsevenチームオプション

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA