【スポンサーリンク】

スティーブ・ナッシュHCがネッツのパフォーマンスに怒り「大惨事だ」

スティーブ・ナッシュHCがネッツのパフォーマンスに怒り「大惨事だ」

NBAスターのケビン・デュラント、カイリー・アービング、ベン・シモンズ擁するブルックリン・ネッツは現地29日にインディアナ・ペイサーズに敗れ、今季の成績をイースタン・カンファレンス最下位の1勝5敗とした。

この日はペイサーズに球団記録となる23本の3ポイント(成功率50.0%)を許すなど、ディフェンスが崩壊しているネッツ。

指揮官のスティーブ・ナッシュHCも現状に怒りをあらわにしたようだ。

ナッシュHCによると、ネッツの選手たちには覇気がないという。ナッシュHCのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

大惨事だ。

他にどう言えばいいんだ?

意志が感じられない。

相手を止め、リバウンドを奪うという意欲が伝わってこない。

自分たちの内面、自分たちがやりたいこと、自分たちが達成したことを深く見つめ直さなければならない。

序盤が難しかったからといって諦めてしまうのか?

それとも何かを築き上げていきたいのか?

まだシーズンは始まったばかりだ。

とはいえ、1勝5敗という成績はネッツのロスターを踏まえると考え難く、ネッツは早急に改善しなければならないだろう。

ナッシュHCの怒りが選手たちに伝わり、次の試合で発奮することを期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA