【スポンサーリンク】

NBAがインシーズントーナメントを早ければ2023-24シーズンから導入へ

NBAがインシーズントーナメントを早ければ2023-24シーズンから導入へ

NBAは現地1日、NBPAと新たな団体交渉協定で合意したことを発表した。

今後数週間のうちにチームのオーナーと選手たちが承認すれば、正式に成立する。

今回の団体交渉協定ではキャップスペースの変更や2ウェイ契約の選手を3人まで加えることができる、マリファナが薬物検査の対象から外れる、個人賞の受賞条件に65試合以上出場が加わるなどさまざまな変更が見られるが、中でも最も大きな変更のひとつはインシーズントーナメントの導入だろう。

ESPNによると、インシーズントーナメントは早ければ2023-24シーズンからスタートするという。

インシーズントーナメントは12月に開催される予定だ。

インシーズントーナメントに出場できるのは8チームのみ。

11月から始まるレギュラーシーズンのスケジュールにプールプレイゲームが組み込まれ、上位8チームが12月のトーナメントに出場。

準決勝以降は中立の場所で開催される予定であり、現時点ではラスベガスが有力視されている。

一発勝負となるトーナメントを勝ち上がり、ファイナルに進出した場合、そのチームは1シーズン83試合を戦うことになる。

また、インシーズントーナメントの賞金は選手ひとりあたり50万ドルになると報じられている。

インシーズントーナメントが導入されることにより、レギュラーシーズンの1試合1試合がより大きな意味を持つことになりそうだ。

なお、新たな団体交渉協定については、チームオーナーと選手たちが承認した時点で正式発表される予定となっている。

【スポンサーリンク】

コメントを残す