【スポンサーリンク】

ニックス躍進の鍵を握るタイソン・チャンドラー

ニューヨーク・ニックス不動のセンター、タイソン・チャンドラーが、ニックス躍進の鍵を握っているのかもしれない。

今オフ、ニックスは得点力に優れるアンドレア・バルニャーニを新しくロスターに加えた。

昨季得点王のカーメロ・アンソニー、シックスマン・オブ・ザ・イヤーを受賞したJR・スミス、レイモンド・フェルトン、アマレ・スターダマイヤー、ケニオン・マーティンと強力なオフェンス陣を構成するニックスだが、課題のひとつとなるのがディフェンスだろう。

T・チャンドラー ハイライトムービー①

 

ニックスのディフェンスで鍵となるのが、チャンドラーだ。

ロサンゼルス・レイカーズからディフェンスの名手、メッタ・ワールドピースを獲得したとはいえ、やはりチャンドラーに課せられる役割は大きい。

爆発力を秘めているオフェンス陣の裏では、チャンドラーの献身的なプレイが欠かせない。

来る2013-14シーズン、チャンドラーがさらにステップアップすることができれば、ニックスにもチャンピオンリングへの道筋が見えてくる。

まずは強豪ひしめくイースタン・カンファレンスで上位の成績を残すことが絶対条件だ。

T・チャンドラー 2012-13TOP10プレイ
2012-13シーズンスタッツ
  • 平均10.4得点
  • 平均10.7リバウンド
  • 平均4.1オフェンシブリバウンド(リーグ1位)
  • 平均0.9アシスト
  • 平均1.1ブロック
  • FG成功率63.7%
  • FT成功率69.4%
  • ダブルダブル20回(同29位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA