【スポンサーリンク】

ブーイングで迎えられるドワイト・ハワード

ドワイト・ハワード

日本時間20日(木)、ヒューストン・ロケッツのドワイト・ハワードがステイプルズ・センターに戻ってきた。

この日のステイプルズ・センターは、異様な雰囲気に包まれていていたといって良いだろう。

わずか1年でロサンゼルス・レイカーズを去り、最近はコービー・ブライアントの上からダンクを決める写真をSNSにアップするなど、ハワードがレイカーズファンからブーイングを浴びせられるのは当然のことかもしれない。

試合ではハワードがボールを持つたびに激しいブーイングが浴びせられた。

だが、ハワードは第1Qだけで8得点、6リバウンド、2ブロックショットを記録。
この試合で20得点、13リバウンドを挙げたハワードの活躍もあり、ロケッツは134-108でホームのレイカーズを圧倒した。

ハワードは“バスケットボールを楽しむ”ことを信条にしている。
レイカーズ時代にも笑顔を浮かべ、試合を楽しみ、冗談を言いながらプレイしていた。

しかし、ハワードのバスケットボールに対する姿勢は、レイカーズのエースであるコービー・ブライアントとはまったく逆のものだったのだ。

ロケッツに移籍したハワードは、今でもバスケットボールを楽しんでいる。

今回の試合でも、レイカーズを前にバスケットボールを楽しむ姿勢を貫き通した。

試合後、レイカーズのマイク・ダントーニHCはハワードについて、
「彼は良い選手だし、ロケッツでうまくやってると思うよ」
とコメント。

ステイプルズ・センターに戻ってくるたびにブーイングを浴びせられるのは間違いないが、ハワードはこれからも自身の信条に基づいてプレイし続けるだろう。

ブーイングを浴びるD・ハワード

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA