【スポンサーリンク】

ニック・ヤング 復活のロイ・ヒバートを擁護

インディアナ・ペイサーズのセンター、ロイ・ヒバートがプレイオフ・セカンドラウンド第1戦で0得点、0リバウンドに終わった後、かつてのNBAプレイヤー、ギルバート・アリーナスはヒバートを批判していた。

ヒバートがベンチでゲータレードを飲む姿をSNSにアップし、「0得点なのにゲータレードを飲む意味が分からない」と発言していたのだ。

アリーナスの批判に奮起したのか、ヒバートは第2戦でゲームハイの28得点、9リバウンド、2ブロックショットと復活の狼煙を上げている。

このヒバートの活躍にアリーナスはだんまりを決め込んでいるようだが、ワシントン・ウィザーズ時代にアリーナスとともにプレイしたニック・ヤングは自身のTwitterでヒバートを擁護。

アリーナスのヒバート批判に対抗してみせた。

「ヒバート、ギル(アリーナス)を黙らせてやれ」

アリーナスとヤングは友人関係にあるが、同じNBAでプレイする選手としてアリーナスの発言には我慢ならなかったのだろう。

一方のアリーナスだが、今度はヒバートではなくランス・スティーブンソンをターゲットにしている。

セカンドラウンド第2戦で、スティーブンソンがオープンなポール・ジョージに気付かなかったこと皮肉るように、スティーブンソンのドリブルワークを真似る動画をアップした。

この動画が第2戦のスティーブンソンのプレイを真似ているかどうかは分からないが、皮肉っているのは間違いない。

なお、同じくヒバートを批判していたトレイシー・マグレディは、第2戦での活躍を受け、「ビッグマンが今夜のパーティーに現れた!やってやれ!」と応援するメッセージをTwitterに投稿している

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA