【スポンサーリンク】

パット・ライリー氏 カロン・バトラー獲得を断念した経緯を語る

パット・ライリー

ミルウォーキー・バックスとの契約をバイアウトした後、カロン・バトラーはマイアミ・ヒートへの移籍が濃厚と予想されていた。

だが、バトラーはオクラホマシティ・サンダーへの移籍を選択。

バトラーがサンダーを選んだのには、求められる役割にあるという。

ヒートのパット・ライリー氏はバトラーに対し、確固たる役割を与えられる保証がないと伝えたようだ。

「我々のチームのロスターは本当に厚い。ジェイムス・ジョーンズやウドニス・ハスレム、ラシャード・ルイスは出場時間を求めて待機してる。それにマイク(マイケル・ビーズリー)やグレッグ(・オデン)も9~10分出場して、チームに貢献してくれてるんだ」

「我々はカロンを愛している。彼とコンタクトを取ろうとしたけど、彼は断固たる決意を持っていたし、彼の想いを叶えることは約束できなかったんだ」

確かにヒートよりサンダーのほうが多くの出場時間を得られるだろう。

サンダーを選んだことが間違いではなかったことを、バトラーは示してくれるはずだ。

C・バトラー ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA