【スポンサーリンク】

ルーキー・オブ・ザ・マンス:V・オラディポ&N・カラセス

ビクター・オラディポ&ニック・カラセス

2月のルーキー・オブ・ザ・マンスに、オーランド・マジックのビクター・オラディポとメンフィス・グリズリーズのニック・カラセスが選出された。

イースタン・カンファレンスから選出されたオラディポは、期間中の試合で平均4.9アシスト(ルーキー1位)、1.92アシスト(同1位)を記録。
さらに8試合で二桁得点、うち4試合で20得点以上を挙げている。

日本時間2月22日の対ニューヨーク・ニックス戦では、30得点、14アシスト、9リバウンド、2スティールを挙げ、チームも129-121で勝利。

1試合で30得点、14リバウンド以上を記録したルーキーは、ここ20年で4人目、2000年3月以来初となる。

また、日本時間2月24日の対トロント・ラプターズ戦ではキャリアハイの5スティールを記録した。

V・オラディポ 対ニックス戦ハイライト動画

ウェスタン・カンファレンスから選出されたカラセスは、期間中の試合で平均10.7得点(ウェストのルーキー中2位)、4.6アシスト(同2位)、3.6リバウンド(同2位)、FG成功率49.5%(全ルーキー中2位)、1.75スティール(同2位)を記録。

日本時間2月6日から18日にかけて6試合連続で10得点、5アシスト以上を挙げた。

この記録を達成したのは、グリズリーズ史上4人目となる。

N・カラセス 対ウィザーズ戦ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA