【スポンサーリンク】

ジョン・ウォール ケンバ・ウォーカーに苦言を呈す

ジョン・ウォール

日本時間13日のシャーロット・ボブキャッツ対ワシントン・ウィザーズ戦の第4Q、ケンバ・ウォーカーがコーナーから放った3Pはリムに弾かれた。

マッチアップしていたジョン・ウォールのチェックが効いていたようにも見えたが、レフェリーはウォールのファウルをコール。

この際、ウォーカーはファウルをアピールしていたが、ウォールの手はウォーカーに触れていないようにも見える。

試合後、ファウルについて質問されたウォールは次のようにコメント。

「俺は彼(ウォーカー)に触ってないよ。今日の試合でレフェリーは彼に有利なコールをしてたよね。だって、(激しくディフェンスされると)彼は叫んでたから」

この一連のプレイに不満を感じたウィザーズのランディ・ウィットマンHCはレフェリーに抗議し、テクニカルファウルをコールされた。

ウォーカーはこのプレイで得たフリースロー4本を全て決め、ボブキャッツのリードは7点に。

一方、別のプレイでファウルをもらったウォールは、フリースロー2本を外している。

ボブキャッツは11-0のランでウィザーズを突き放し、勝利した。

ウィザーズのリーダーでもあるウォールに立ち止まっている時間はない。

プレイオフ進出をかける大事な時期だけに、再び試合に集中することが必要となるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA