【スポンサーリンク】

ジャベール・マクギー シクサーズでの意気込みを語る

ジャベール・マクギー

期限当日にデンバー・ナゲッツからフィラデルフィア・セブンティシクサーズへトレード移籍したセンター、ジャベール・マクギーは、シクサーズ残留を強く願っている。

怪我が多く、コンスタントにプレイできていないため、マクギーは契約バイアウトを恐れているようだが、現在のところシクサーズにバイアウトの契約はないようだ。

そのマクギーが、シクサーズでの自身の役割について言及。マクギーのコメントをthe Philadelphia Inquirerが伝えた。

 

「バイアウトは望んでない。ポジティブなことじゃないからね」

「ベテランが多いチームじゃないから、バイアウトは意味がない。俺は歳を取ってない。ただバスケットボールをしたいだけ」

「ウィザーズにいた時、あれは確かキャリア2年目だったかな。俺らは19試合しか勝てなかった。(シクサーズは)それと同じ状況かな。若い連中をポジティブにさせるためにハードにプレイして、勝つ方法を見つけないとね」

シクサーズにはナーレンズ・ノエルとジョエル・エンビードという将来有望な若きビッグマンがいる。

マクギーは果たしてノエルとエンビードの師となれるだろうか?

いずれの選手も怪我による長期離脱を経験しているため、完全復活まで支え合うことはできるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ネタキャラ的な面で言えばエンビードの師匠にはなれるんじゃないですかねー(笑)

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      両選手ともシャックのお気に入りになるでしょうね(笑)

*

CAPTCHA