レブロン・ジェイムス「MJでもマジックでもなくアレン・アイバーソンになりたかった」

【PR】

アレン・アイバーソン

クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは以前、最もお気に入りの選手としてマイケル・ジョーダンを、次いでアレン・アイバーソンを挙げていた。

だが、ジェイムス本人はアイバーソンのスタイルを最も気に入っていたようだ。ジェイムスのコメントをBleacher Reportが伝えている。

 

「マイケルやマジック(・ジョンソン)になりたくなかった。俺はアレン・アイバーソンになりたかったんだ」

ジョーダンとジョンソンは、間違いなくアイバーソンより優れた選手だ。

だが、ストリートを融合させたようなアイバーソンのパフォーマンスにジェイムスは憧れていたのだろう。

アイバーソンのような切れ味鋭いクロスオーバーやテクニックはないものの、ジェイムスは憧れの選手を追い抜いた。

ジョーダンを上回るのはジェイムスしかいないと言われる中、残りのキャリアでどれだけの偉業を達成してくれるのか期待したい。

【スポンサーリンク】

関連コンテンツ

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ブライアントノア

    レブロンはアイバーソンの影響で刺青やバンドをつけていると聞いたことがあります!

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      そうなんですね!
      ジョーダンとアイバーソンはファッションでもすごい影響力!

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読