本気モードのニック・ヤング トレードの噂をモチベーションに変える

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのニック・ヤングは、浮き沈みの激しいオフシーズンを送った。

バイロン・スコットHCとの不仲説、そしてトレードの噂があがったと思えば、交際中のイギー・アゼリアにプロポーズすると見事成功し、婚約した。

結局トレードされることはなかったものの、2015-16シーズンはヤングにとって最愛のレイカーズ残留をかけた1年ともなるだろう。

そのヤングは、オフの報道陣の質問攻めに辟易しながらも、モチベーションを高く保っている模様。ヤングのコメントをUSA TODAYが伝えている。

「俺のことは放っておいてくれないか?メロドラマの主役になるつもりはないんだ」

「あれ(スコットHCとの不仲説、トレードの噂)には戸惑ったよ。モチベーションにつながった。ここにいられるか分からなかったからね。俺とバイロンの関係は良い。だけど、俺はそれをモチベーションに変えていく。俺の役割をただこなして、ここで生き残る。彼にやれって言われたことは、全部やってやる」

いつもはおちゃらけているヤングだが、今年は本気モードだ。

ヤングの変化にはスコットHCも驚いているようで、次のようにコメントしている。

「彼には少し驚かさせられたよ。練習の間、彼はずっと真面目に取り組んでるからね」

真剣なヤングは大歓迎だ。

とはいえ、チームの雰囲気が暗くなった時には、いつものように明るいパフォーマンスで盛り上げてもらいたい。

なお、プレシーズン7試合を終え、ヤングは平均21.7分のプレイで11.4得点、2.1リバウンド、0.9アシスト、FG成功率40.3%、3P成功率40.5%を記録。
上々の仕上がりをアピールしている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    FG%よりも3pt%の方が高いと言うレアケース(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      確かに!
      ヤングにはちょっと期待したいところです!

*

CAPTCHA