トレバー・アリーザ 不調のロケッツについて「ハードにプレイしてない」

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツが波に乗りきれていない大きな要因のひとつとして、ジェイムス・ハーデンとタイ・ローソンのケミストリーにあるとも指摘されている。

だが、ロケッツの不調の原因はそれだけではないかもしれない。

昨季からロケッツでプレイしているトレバー・アリーザは、今のチームに強い不満を感じている模様。アリーザのコメントをthe Houston Chronicleが伝えた。

「俺らはもっとハードにプレイしなきゃいけないし、さらに努力しなきゃいけない。チームとして十分ハードにプレイしてない。俺らはたるんでるんだ」

「俺らはそんなチームじゃない。立ち直らないといけないよね」

キャリア12年を過ごしているだけに、アリーザの言葉にはロケッツの選手たちも耳を傾けることだろう。

とはいえ、競争激しいウェスタン・カンファレンスを勝ち抜くためには、一刻も早く立て直さなければならない。

なお、サクラメント・キングスに敗れた後、ロケッツは選手だけで緊急ミーティングを開催したようだ。

ミーティング後、ハーデンはこう話している。

「良い話し合いができた。シーズンが始まってから、こんな風にコミュニケーションをとってなかったからね」

デマーカス・カズンズ率いるキングスは、緊急ミーティング後に立て直すことができた。

果たしてロケッツも同じように立て直すことができるだろうか。

ロケッツは日本時間19日、ポートランド・トレイルブレイザーズをホームに招き、4連敗脱出を試みる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA