ドワイト・ハワード 接着剤使用の問題はお咎めなしか?

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツのドワイト・ハワードには、手に接着剤のようなスプレーを吹きかけ、ポール・ミルサップのフリースローを妨害しようとした嫌疑がかかっている。

リーグはこの問題を調査しているが、どうやらお咎めなしという結果で落ち着くこととなりそうだ。

The Verticalによると、リーグはハワードに出場停止処分や罰金処分を科さず、ロケッツに対して厳重注意を言い渡すにとどまる見込みだという。

ハワードは接着剤のようなスプレーの使用について「前からやっていたこと。なぜおおごとになるのか分からない」と発言していた。

ハワードが手に吹きかけていたものは一体何だったのだろうか?

一方、オクラホマシティ・サンダーのスティーブン・アダムスは、ハワードが接着剤のようなスプレーを以前から使用していることを知ると、次のように冗談を飛ばした。

「だから彼はフリースローをミスするのかもしれないね」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA