コービー・ブライアント クリス・ポールについて「レイカーズに完全にフィットする」

【PR】

クリス・ポールは2011年、ロサンゼルス・レイカーズへの移籍に合意していた。

だが、リーグがこの移籍を拒否し、ポールは最終的にロサンゼルス・クリッパーズへ移籍。

当時、ポールと電話で30分程度話をしたというコービー・ブライアントは、ポールがレイカーズのシステムに完全にフィットすると確信していたようだ。ブライアントのコメントをESPNが伝えている。

「分かってると思うけど、俺の夢は試合に勝つことじゃない。『共にどれだけタイトルを獲得するか』なんだ」

「クレイジーだったよ。俺らはチームメイトになる可能性を話し合った。そしたら瞬きしてる間になくなってしまったんだ」

「彼がどれほど闘争心のある選手か俺は分かってた。完全にフィットするだろうってことも分かってた。何をやっていくか話し合ってたよ。残念なことに、そうはならなかったけどね」

ブライアントとポールが共にレイカーズでプレイしていた場合、おそらく今のレイカーズはなかっただろう。

一方のポールは次のように話している。

「オリンピックのチームとかで一緒にプレイした。オールスターゲームでもコービーと何度も一緒にプレイした。数え切れないくらいね。だけど、覚えてることをひとつ挙げるとしたら『俺らが同じチームでプレイする限り、負けることはないだろうね』とお互いに言ってたことかな。俺らが闘争心のある選手だってことをお互いに理解してるからね」

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By KD

    5行目に変換ミス有り

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読