シクサーズ ベン・シモンズをポイントガードのポジションでも起用か?

【スポンサーリンク】

2016年のドラフト1位プレイヤーであるベン・シモンズは、パワーフォワードでありながら視野の広さも持ち合わせている。

サマーリーグでも非凡なコートビジョンとパスセンスを披露したシモンズだが、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのブレット・ブラウンHCはシモンズをポイントガードのポジションでプレイさせることも検討しているようだ。

ブラウンHCはシモンズについて次のようにコメント。CBS Sportsが伝えている。

「何度も言ってるように、NBAポイントガードは最も難しいポジション。私はそう思ってる。彼(シモンズ)はポイントガードとしてプレイしたことがない。NBAポイントガードは言うまでもなくね。彼はどうなると思う?彼にはそれになる良いチャンスがある。わr我は彼を複数のポジションでプレイさせるだろう。ポイントガードのポジションもそのひとつさ。彼はエリートパサー。私はそう信じてる。そのメンタルもあるし、208cm、108kgの体格でまだ20歳。複数のポジションでプレイするには素晴らしいパッケージなんだ」

ここ数年のシクサーズはドラフト上位指名権で将来有望な若手選手を獲得し、再建を狙ってきた。

だが、昨季はわずか10勝に終わり、再建には程遠い状況だ。

来季はセンターのジョエル・エンビードが復帰する見込みであるが、シモンズ率いるシクサーズは強豪チームへと生まれ変わることができるだろうか。

シモンズには多くのシクサーズファンが期待を寄せていることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA