レブロン・ジェイムス ステフィン・カリーについて「素晴らしい男」

【スポンサーリンク】

昨季のプレイオフはレブロン・ジェイムスとステフィン・カリーのプレイオフだったと言っても過言ではないかもしれない。

最終的にはジェイムス率いるクリーヴランド・キャバリアーズが逆転勝利でチャンピオンリングを獲得した。

ゴールデンステイト・ウォリアーズにとって屈辱的な敗退をなってしまったわけだが、レギュラーシーズン73勝という記録は素直に褒め称えられるべきだろう。

その立役者となったのは、2年連続でレギュラーシーズンMVPに輝いたカリーだ。

約2カ月後に迫った2015-16シーズン開幕を前に、ジェイムスはライバルであるカリーについてこう評価した。thescore.comが伝えている。

「彼(カリー)は間違いなく素晴らしい男さ。俺にとって最高なのは、俺ら2人が世界でもっとも話題にあがってるアスリートであり、同じオハイオのアクロンで生まれたってこと。俺にとってはすごく意味あることなんだ」

昨季のファイナルが終了するまで、リーグのベストプレイヤーはカリーだという意見が大半を占めていたが、ジェイムスがキャブスを初のタイトル獲得へ導き、ファイナルMVPを受賞したことにより、再びベストプレイヤーの議論が熱を帯びている。

キャリアが終盤に差し掛かりつつあるジェイムスと、まさに全盛期を迎えているカリー。

来季は雌雄を決するシーズンになるとも言えそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA