レブロン・ジェイムス「ドウェイン・ウェイドともう一度一緒にプレイしたかった」

【スポンサーリンク】

マイアミ・ヒートとの別れを決断したドウェイン・ウェイドは、自身にとってホームチームであるシカゴ・ブルズを新天地として選んだ。

ウェイド獲得に興味を持っていたのは、ブルズだけではなかったことだろう。

ヒート時代に共にプレイし、2度のタイトル獲得に貢献したレブロン・ジェイムスも、ウェイドとのキャブスでの再会を希望していたようだ。

ジェイムスは親友ウェイドについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「もう一度一緒にプレイしたかった。シンプルなことさ。俺たちには彼を獲得するだけの(サラリー面での)余裕がなかったんだ。知っての通り、俺は彼の決断を支持するよ。彼が望んでた決断なら、俺は受け入れる」

一方、タイロン・ルーHCもウェイド獲得を狙っていたことを明かした。

「殿堂入りするプレイヤーに誰が興味を持たないんだい?我々は彼が欲しかった」

ウェイドも先日、キャブスとの契約が頭をよぎりながらも、自身にとって最も重要なのはタイトル獲得ではなく、ホームチームでプレイすることだったとし、ブルズとの契約理由を明かした。

リーグを代表するジェイムスとウェイドが現役中に同じチームでプレイすることはもうないかもしれないが、どんな状況に陥ったとしても互いを支えあっていくのだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA