アンドリュー・ボガット「リーグで本当の友人にめぐり合うのは難しい」

【PR】

ゴールデンステイト・ウォリアーズでインサイドの要としてプレイしていたアンドリュー・ボガットは、ケビン・デュラント獲得の影響でダラス・マーベリックスに移籍した。

ボガットによると、デュラントがFAになることが決定した当時、ボガットもしくはアンドレ・イグダーラが放出候補に挙がり、ウォリアーズは怪我のリスクからボガット放出に踏み切ったという。

そのボガットがある悩みを抱えている模様。ボガットのコメントをUSA TODAY Sportsが伝えている。

「すべての情報に同意しない。このリーグは裏表があるし、みんながフェイクだからね」

「このリーグは罵りと影で溢れてる。このリーグで本当に友人と呼べる人間とめぐり合うのは、本当に難しいことだよ。それが現実だし、俺もそれを理解してるけどね」

「捨て台詞なら誰だって言えるよね。俺はファイナルで素晴らしい時間を過ごせなかった。怪我もあったし、俺が求める終わり方じゃなかった。だけど、もう終わったこと。嫌な気持ちは持ってない。特にディフェンスで貢献したからね」

コービー・ブライアントも以前、本物の友人はほとんどいないと発言していた。

とはいえ、引退セレモニーには多くの仲間たちがブライアントを祝福。

つまり、ボガットのことを友人と思っている人間は、必ずリーグにもいることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読