オムリ・カスピ「コーチとはプレシーズンから喋ってない」

【PR】

昨季はサクラメント・キングスの主力のひとりとして起用されていたオムリ・カスピだが、デイビッド・イエーガーHCが指揮を執る今季は出場時間を大幅に減らされている。

約12分近く出場時間が減少しているカスピ。

これにはイエーガーHCとのコミュニケーションが原因なのかもしれない。

カスピによると、イエーガーHCとプレシーズンから口を聞いていない状況が続いているという。カスピのコメントをCowbell Kingdomが伝えている。

「俺たちはプレシーズンから喋ってない。チームを助けるためにやれることなら何でもする。俺のキャリアはその位置にあるからね。ただ機会を待つだけさ」

一方、ルディ・ゲイの出場時間を減らし、その分をカスピに振り分けるか質問されたイエーガーHCは、こう返答した。

「ルディの出場時間を彼(カスピ)に与えてほしいかい?そうなることはないよ」

契約最終年を迎えているカスピだが、イエーガーHCの構想には入っていないのだろうか。

とはいえ、カスピはキングスの一員であり、せめてコミュニケーションはとってもらいたいところだ。

なお、昨季のカスピはレギュラーシーズン69試合に出場し、平均27.2分のプレイで11.8得点(キャリアハイ)、5.9リバウンド(キャリアハイ)、1.4アシスト、FG成功率48.1%(キャリアハイ)、3P成功率40.9%(キャリアハイ)を記録。

今季は6試合に出場し、平均15.3分のプレイで4.3得点、3.2リバウンド、0.5アシスト、FG成功率41.4%、3P成功率22.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読