スティーブ・カーHC「クレイ・トンプソンを80点以下に抑えられたのは私だけ」

【スポンサーリンク】

先日のインディアナ・ペイサーズ戦で、ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンはキャリアハイとなる60得点を記録した。

第3Q終盤までに60得点をあげ、以降はコートに立たなかったトンプソンだが、もし第4Qもプレイし続けていれば80得点を上回った可能性もある。

しかし、カーHCがトンプソンをコートに送り出すことはなかった。

80得点達成が期待された中、カーHCは次のように冗談を飛ばした模様。the San Jose Mercury Newsが伝えている。

「みんな、(元ノースカロライナ大学HCの)ディーン・スミスがMJ(マイケル・ジョーダン)を20以下に抑えることができた唯一の男だと言っていたよね。クレイを80以下に抑えることができた唯一の男は私さ」

リーグ史上80得点オーバーを達成したのは、ウィルト・チェンバレン(100得点)とコービー・ブライアント(81得点)のみ。

偉大な記録樹立のチャンスを逃してしまったトンプソン。

再び記録樹立のチャンスは訪れるだろうか。

チャンスが訪れたとしても、カーHCという壁を乗り越えなければならないかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA