キャブス ジョーダン・マクレーを解雇

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズがガードのジョーダン・マクレーを解雇した。

これにより、キャブスのロスターは14選手となり、アンドリュー・ボガットを獲得できる状況となった。

キャブスは今季中にカイル・コーバー、デリック・ウィリアムス、デロン・ウィリアムス、アンドリュー・ボガットを獲得。

これまで以上に積極的な補強を行っており、プレイオフでは現在離脱中のケビン・ラブとJR・スミスも加わる。

連覇へ向け、万全のロスターに仕上がったと言っても過言ではなさそうだ。

なお、今季のマクレーは37試合に出場し、平均10.4分のプレイで4.4得点、1.1リバウンド、0.5アシスト、FG成功率38.7%、3P成功率35.3%を記録。

ルーキーシーズンとなった昨季はフェニックス・サンズとキャブスでレギュラーシーズン通算59試合に出場し、平均8.9分のプレイで4.5得点、0.9リバウンド、1.1アシスト、FG成功率43.6%、3P成功率45.5%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA