ロンゾ・ボール「レイカーズでプレイできることは天の恵み」

【スポンサーリンク】

UCLAのポイントガード、ロンゾ・ボールは先日、2017NBAドラフトに参戦することを表明した。

父のラバー・ボールは以前「息子はロサンゼルスのためだけにプレイするだろう」と語っていたため、ドラフトトップ3指名権獲得の可能性があるロサンゼルス・レイカーズの動向に注目があつまるだろう。

そんな中、ボールは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「NBAはNBAさ。ただ、レイカーズでプレイできることは天の恵みなんだ」

「ロサンゼルス。俺はここの出身だ。家族全員がここにいるからね」

そのパフォーマンス以上に父の過激発言で注目を集めているボール。

レイカーズにはディアンジェロ・ラッセルというポイントガードがすでにいるが、仮にレイカーズがボールを指名した場合、ラッセルの去就に影響をもたらすことになるだろう。

運命のNBAドラフト2017は日本時間6月22日に実施される予定だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA