カイル・ラウリー シクサーズと相思相愛か?

【PR】

トロント・ラプターズのカイル・ラウリーは先日、来季のプレイヤーオプションを破棄し、FAになることを明かした。

この夏に完全FAとなるラウリーは、FA市場において注目のひとりとなるだろう。

ラウリーは契約金ではなく、チャンピオンリング獲得を狙えるチームでプレイしたいとの考えを明かしているが、ホームチーム移籍にも興味を持っているのかもしれない。

the Philadelphia Inquirerによると、フィラデルフィア出身のラウリーは有望な若手が集まるフィラデルフィア・セブンティシクサーズでのプレイに興味を持っているという。

シクサーズ側もラウリーに興味を持っていると噂されており、相思相愛とも言われているようだ。

シクサーズのバスケットボール・オペレーション部門代表であるブライアン・コランジェロはかつてトロント・ラプターズで働き、その間にヒューストン・ロケッツとのトレードでラウリーをラプターズに連れてきたという実績がある。

以来、ラウリーとコランジェロは友人関係にあることも、ラウリーのシクサーズ移籍の噂に拍車をかけているのだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】