【スポンサーリンク】

ジャズ パトリック・ビバリーのトレード獲得を検討か?

ユタ・ジャズはこの夏、ゴードン・ヘイワードとジョージ・ヒルを残留させるという課題を抱えている。

一方で、両者が他チーム移籍を決断した際に備え、別のシナリオも想定しておかなければならないだろう。

その一環なのか、Salt Lake Tribuneによると、ジャズはベテランポイントガードのヒルが他チーム移籍を決断した場合、ヒューストン・ロケッツのパトリック・ビバリー獲得に動く可能性があるという。

ビバリーの来季の契約は550万ドルであるため、リスクが低いのもビバリーが獲得候補に挙がっている理由のひとつかもしれない。

いずれにせよ、ヒルの決断を待つことになりそうだ。

なお、昨季のビバリーはレギュラーシーズン67試合に出場し、平均30.7分のプレイで9.5得点、5.9リバウンド(キャリアハイ)、4.2アシスト(キャリアハイ)、1.5スティール(キャリアハイ)、FG成功率42.0%、3P成功率38.2%を記録。

プレイオフでは11試合に出場し、平均29.5分のプレイで11.1得点、5.5リバウンド、3.0アシスト、1.5スティール、FG成功率41.3%、3P成功率40.4%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA