【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボール「ミッドレンジショットを最高にしたい」

熱望していたロサンゼルス・レイカーズにドラフト2位指名で入団したロンゾ・ボールは、すでにNBAでプレイする自身の姿をイメージしている。

NBAではこれまでより大きな男たちと対戦するケースが増えるため、ボールはさらなるスキルアップが必要と感じているようだ。ボールのコメントをthescore.comが伝えている。

「次のレベルではもっと大きな男たちがいる。だからプルアップやフローターに取り組まなくちゃね。それが今の俺が集中してることさ」

「何かを成し遂げたいなら、できることをベストにしなきゃいけない。ミッドレンジ。俺はそれをこれまでで最高のものにしたいんだ」

ショットタッチには定評があり、鳴り物入りでレイカーズに入団したボールだが、NBAでの成功が約束されたわけではない。

それをボール自身も認識しているのだろう。

シーズン中は父ラバー・ボールに関する雑音に悩まされることもあろうが、父親譲りの強靭なメンタルを見せてもらいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA