ジョン・ウォール&ブラッドリー・ビール ハリケーン被害への寄付金を募る

【スポンサーリンク】

ハリケーン「ハービー」により甚大な被害を被っているヒューストンを助けるため、多くのNBA関係者が動いている。

ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールとブラッドリー・ビールもそのうちのひとりだ。

The Washington Postによると、ウォールとビールはウィザーズのチームメイトたちにグループメールを送り、救援活動のための寄付金を募ったという。

オットー・ポーターとマーキーフ・モリスが先陣を切って募金し、その後も続々と集まっているようだ。

現在は25万ドル以上が集まっており、さらに集まる見込みとされている。

選手協会やNBAの各チームも寄付金を集めているが、一日も早い復興を願いたい。

なお、ウィザーズのスコット・ブルックスHCは次のようにコメントしている。

「ジョンとブラッドは一緒にグループメールを送信し、ヒューストンの人たちを助けるよう求めた。みんながそれに飛び乗ったと思うよ。素晴らしいことだ。彼らのことを誇りに思う」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA