JR・スミス「レブロン・ジェイムスの早朝トレーニングに参加したくない」

【PR】

クリーヴランド・キャバリアーズのJR・スミスは、レブロン・ジェイムスのチームメイトであり、良き友人のひとりだ。

だが、ジェイムスの生活スタイルが自身の生活にも影響をもたらし、それを迷惑と感じているのかもしれない。

スミスはジェイムスとのエピソードを次のように告白。Bleacher Reportが伝えている。

「レブロンの早朝トレーニングに参加したくない。彼は午前6時30分に電話してくるんだ。俺が何をしてるか聞くためにね。寝てるよ(笑)」

もちろん、スミスなりのジョークだ。

それほど二人が仲が良いということなのだろう。

アイザイア・トーマス、ジェイ・クラウダー、デリック・ローズ、さらにドウェイン・ウェイドを新たに加えたキャブスにおいて、ジェイムスとスミスは共にリーダーシップを発揮し、チームを牽引してくれるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】