マイク・コンリー「俺がいたらチームは今の位置にいなかった」

【PR】

7年連続でプレイオフに進出しているメンフィス・グリズリーズは今、難しい状況を強いられている。

連敗は11でストップしたものの、危機的状況に陥っているグリズリーズだが、アキレス腱の痛みで11月中旬から離脱している先発ポイントガード、マイク・コンリーは、今のチームの状況に責任を感じているようだ。

コンリーはグリズリーズについて次のようにコメント。the Memphis Commercialが伝えている。

「自分の手に負えないことだったから、ストレスを感じてる。俺には何もコントロールできない。助けるためにコートに立つことができない。仲間を励ますために共にコートに立つことができない。座って観てるのは辛いよ。俺がプレイしてたら、俺たちは今の位置にいないことを分かってるから。だから、この期間を通して俺は責任を感じてる。俺にとって本当に辛いことだ。ここ数週間は本来のチームじゃない。俺が復帰すれば、まったく違うチームになるだろう」

グリズリーズは先日、成績不振を理由にデイビッド・フィッツデールHCを解雇。

コンリーが負傷離脱していなければ、フィッツデールHCはチームの指揮を続けていたのだろうか。

なお、コンリーの復帰にはあと2週間程度かかると予想されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】