シクサーズ TJ・マコーネルとリショーン・ホームズにオプション行使

【スポンサーリンク】

ガードのTJ・マコーネルとフォワード/センターのリショーン・ホームズが、2018-19シーズンもフィラデルフィア・セブンティシクサーズでプレイすることになったようだ。

courierpostonline.comによると、マコーネルとホームズに対し、来季のチームオプションを行使したことをヘッドコーチ兼臨時GMのブレット・ブラウンが明かしたという。

ベン・シモンズがデビューしたことにより、マコーネルはバックアップポイントガードとしてプレイ。

コート上では闘志あふれるプレイでシクサーズを牽引し、今年2月にはフランチャイズ初となるトリプルダブルを記録したベンチプレイヤーとなった。

一方、ホームズはインサイドプレイヤーとして着実に成長。

機動力があるビッグマンであるため、今後さらなる成長を期待したいところだ。

なお、マコーネルはキャリア3年目の2017-18シーズン、レギュラーシーズン76試合に出場し、平均22.4分のプレイで6.3得点、3.0リバウンド、4.0アシスト、1.2スティール、FG成功率49.9%(キャリアハイ)、3P成功率43.5%(キャリアハイ)を記録。

同じくキャリア3年目となったホームズは2017-18シーズン、レギュラーシーズン48試合に出場し、平均15.5分のプレイで6.5得点、4.4リバウンド、1.3アシスト(キャリアハイ)、FG成功率55.0%、フリースロー成功率66.1%(キャリアワースト)を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA