【スポンサーリンク】

オースティン・リバース オプション行使でクリッパーズ残留へ

キャリア6年目を終えたオースティン・リバースが、来季も父ドック・リバース率いるロサンゼルス・クリッパーズでプレイすることになった模様。

Los Angeles Timesの記者によると、リバースは来季のプレイヤーオプションを行使したという。

昨年夏にクリス・ポールやジャマール・クロフォードら、さらにシーズン中にはブレイク・グリフィンを放出したクリッパーズ。

チームの主力プレイヤーは怪我に苦しみ、難しい時間を送ったクリッパーズだが、来季はプレイオフ復帰を狙いたいところだ。

なお、昨季のリバースは61試合に出場し、平均33.7分のプレイで15.1得点(キャリアハイ)、2.4リバウンド(キャリアハイ)、4.0アシスト(キャリアハイ)、1.2スティール(キャリアハイ)、FG成功率42.4%、3P成功率37.8%(キャリアハイ)を記録。

キャリアを通してニューオーリンズ・ペリカンズとクリッパーズでレギュラーシーズン通算408試合に出場し、平均24.3分のプレイで9.4得点、2.0リバウンド、2.4アシスト、0.7スティール、FG成功率41.9%、3P成功率35.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA