イビチャ・ズバッツ FIBA予選参加に「レイカーズは不満を感じてる」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのイビチャ・ズバッツは現在、クロアチア代表としてFIBAワールドカップ予選に出場している。

NBAの新シーズンに備えるため、ワールドカップ予選出場を辞退するNBAプレイヤーが多い中、クロアチア代表チームにはズバッツ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのダリオ・サリッチ、インディアナ・ペイサーズのボヤン・ボグダノビッチが出場。

FIBAワールドカップはオリンピックの予選を兼ねるようになったため、クロアチア代表としてはなんとしてもワールドカップ予選を勝ち抜きたいところだろう。

だが、怪我などのリスクがあることから、ズバッツはレイカーズがワールドカップ予選出場を快く思っていないと感じているようだ。ズバッツのコメントをnbcsports.comが伝えている。

「FIBA予選出場をレイカーズは快く思ってない。ただ、クロアチアが俺を必要としてたんだ」

「新しいFIBAワールドカップ予選のシステムを誰も良く思ってないんじゃないかな。いくつかのチームにとってはハードだし、フェアじゃない。特にクロアチア。でも、この状況を抜け出すために最善を尽くさないとね」



ズバッツ擁するクロアチア代表はイタリア代表、オランダ代表、ルーマニア代表と同じグループB。

現在は4チームが6ポイントで並んでいるが、クロアチア代表は得失点差で3位だ。

苦しい状況を強いられてはいるが、この激戦を勝ち抜き、より大きな舞台でプレイしたいところだろう。

そして、その経験をレイカーズに還元してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA