【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「カイリー・アービングのトレードがキャブスの終わりの始まり」

オールスターガードのカイリー・アービングは昨年夏、クリーヴランド・キャバリアーズに対してトレードを要求し、ボストン・セルティックスに移籍した。

だが、キャブスのコビー・オルトマンGMはレブロン・ジェイムスに対し、違うことを話していたのかもしれない。

ジェイムスによると、オルトマンGMはジェイムスに対し、アービングをトレードすることはないと伝えていたという。

だが、キャブスはアービングをセルティックスへ放出。

ジェイムスはこのトレードをニュースで知ったようだ。

そして、キャブスの終焉を感じていたのかもしれない。

ジェイムスは当時を振り返り、次のようにコメント。RealGMが伝えている。

「カイリーがトレードされた時が、すべての終わりの始まりだった。それはみんな知ってることだ。隠してるわけじゃない」

一方、オルトマンGMを批判することはなく、「チームを運営してるのはコビーひとりじゃない」と続けた模様。

キャブスはアービングを失ったものの、ジェイムスの活躍もあってファイナルに進出。

だが、ゴールデンステイト・ウォリアーズに完敗を喫し、ジェイムスはロサンゼルス・レイカーズへ移籍した。

ジェイムスを失ったキャブスは現在、リーグワーストの2勝12敗にとどまり、再建モードに突入している。

キャブスはこの状況から抜け出し、再びプレイオフチームに復活できるだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA