【スポンサーリンク】

マーク・ガソル デイビッド・フィッツデールHCとは「和解した」

2017-18シーズン途中にメンフィス・グリズリーズから解雇されたデイビッド・フィッツデールHCは、この夏にニューヨーク・ニックスのヘッドコーチに就任した。

グリズリーズを指揮していた当時、第4Qのクラッチタイムでマーク・ガソルを起用せず、それが解雇の要因のひとつだったとされている。

そのため、ガソルとフィッツデールHCの関係は悪化したと報じられていたが、すでに和解していたようだ。

ガソルによると、夏の間にフィッツデールHCと電話で話をし、和解したという。ガソルのコメントをESPNが伝えている。

「俺たちは互いに感謝してる。完璧にいかなかったことは、俺たちふたりとも理解してるよ。俺たちは違う対処をしてたんだ。昨季だけじゃなく、すべてが起こる前からね。同じことは繰り返さない。単純なことさ。生きて、学び、前に進む。俺たちは和解した。そういうことだ」

ガソル擁するグリズリーズとフィッツデールHC率いるニックスは、現地25日にグリズリーズのホームで対戦。

フェデックスフォーラムに凱旋したフィッツデールHCは、ニックスを勝利に導き、古巣を撃退した。

だが、勝敗にかかわらず、この試合はガソルとフィッツデールHCにとって感慨深いものになったことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA