レブロン・ジェイムス「いつだってカーメロ・アンソニーとプレイしたい」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは先日、親友のカーメロ・アンソニーとニューヨークで会い、ディナーを楽しんだ。

ジェイムスはレイカーズのアンソニー獲得を期待していると噂されているが、ディナーを共にしたことにより、その噂が加速しつつある。

そして、ジェイムスはレイカーズに対し、アンソニーを獲得するようプレッシャーをかけ始めるかもしれない。

ジェイムスはアンソニーについて次のようにコメント。New York Daily Newsが伝えている。

「俺がチームを運営してるわけじゃない。両サイドがうまくいく必要があるよね。ただ、俺はいつだってメロと一緒にプレイしたい。その機会が訪れるなら、それは素晴らしいことさ。どうなるか見てみよう」



アンソニーとヒューストン・ロケッツは関係を解消することで同意したものの、アンソニーの籍はまだロケッツに残っている。

ロケッツはケンテイビアス・コールドウェル・ポープの獲得を最優先事項にしていると噂されているため、コールドウェル・ポープとのトレードによる移籍、もしくはロケッツとバイアウトが成立した場合、FAとしてレイカーズに移籍することになりそうだ。

かつてスティーブ・ナッシュとドワイト・ハワードを獲得し、失敗に終わった時のことが思い出されるが、果たしてレイカーズはアンソニー獲得に動くのだろうか。

なお、今季のアンソニーは10試合に出場し、平均29.4分のプレイで13.4得点(キャリアワースト)、5.4リバウンド、0.5アシスト(キャリアワースト)、0.4スティール(キャリアワースト)、FG成功率40.5%(キャリアワースト)、3P成功率32.8%を記録。

キャリアを通してデンバー・ナゲッツ、ニューヨーク・ニックス、オクラホマシティ・アンダー、ロケッツでレギュラーシーズン通算1064試合に出場し、平均35.8分のプレイで24.0得点、6.5リバウンド、3.0アシスト、1.0スティール、FG成功率44.9%、3P成功率34.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA