【スポンサーリンク】

エネス・カンター ヒドゥ・ターコルーは「飼われてる犬のようなもの」

元NBAプレイヤーであるヒドゥ・ターコルーは現在、トルコ大統領のチーフアドバイザーを務めている。

そのターコルーは先日、ニューヨーク・ニックスのエネス・カンターがロンドンに帯同できない理由を「暗殺される可能性があるから」とすると、「単なるビザとパスポートの問題」、「彼は注目を集めようとしてる」と批判。

だが、カンターはこれがターコルーの本音とは思っていないようだ。

ターコルーの批判を受け、カンターは次のように反応。ESPNが伝えている。

「おそらくあれは彼じゃない。あの大統領が彼にそう言わせてるんだと思う。彼のTwitterを見てみると、ドイツ語、英語、トルコ語だ。3カ国語。彼はドイツ語さえ知らない。おそらく彼らが彼にそうさせてるんだ。彼は飼われてる犬のようなものさ。たぶん、そうすることで大金をもらったんだろうね」

「ビザの問題じゃない。渡航文書は持ってるし、旅行できる」

エルドアン大統領を筆頭とするトルコ政府は、カンターがテロ集団をサポートしていたとし、国際手配を検討していると報じられた。

カンターに対するトルコ政府のプレッシャーはますます強まりそうだが、早くこの問題が解決することを祈りたいところだ。

だが、現政権が続く限り、カンターが姿勢を変えることはないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA