フレッド・バンブリート 左手親指靭帯損傷で3週間以上離脱へ

【スポンサーリンク】

現在イースタン・カンファレンス2位のトロント・ラプターズが、ポイントガード不足の状態でしばらく戦わなければならないようだ。

hoopsrumors.comによると、バンブリートは左手親指の靭帯を損傷し、約3週間後に再検査を受ける予定であることをラプターズが発表したという。

ラプターズは先日、ポイントガードのロレンゾ・ブラウンをウェイブ。

さらにその後、ポイントガードのデロン・ライトをトレードで放出した。

間もなくジェレミー・リンと契約する見込みではあるが、リンの正式入団はオールスターブレイク明けになる可能性があるため、それまでは他のプレイヤーたちに負担がかかることになりそうだ。

なお、今季のバンブリートは51試合に出場し、平均26.8分のプレイで10.5得点(キャリアハイ)、2.7リバウンド(キャリアハイ)、4.6アシスト(キャリアハイ)、FG成功率40.3%、3P成功率36.6%(キャリアワースト)を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算164試合に出場し、平均19.4分のプレイで7.9得点、2.2リバウンド、3.1アシスト、FG成功率40.9%、3P成功率39.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA