【スポンサーリンク】

ロケッツはジェイムス・ハーデンをトレードすべき?

ヒューストン・ロケッツはシーズン途中のトレードでセンターのクリント・カペラを放出し、コートにビッグマンを置かない超スモールラインアップに転向した。

だが、カンファレンスセミファイナルでロサンゼルス・レイカーズに完敗し、超スモールラインアップの限界を感じた者も少なくないだろう。

指揮官のマイク・ダントーニHCがロケッツを離れることになったため、ロケッツはシステムから構築し直すと見られるが、その過程においてエースのジェイムス・ハーデンをトレードで放出し、根本から立て直すべきなのだろうか?

イースタン・カンファレンスのあるNBAチームのゼネラルマネージャーによると、よほど大きなメリットがない限り、ハーデンを中心に再構築すべきだという。HoopsHypeが伝えている。

私ならハーデンを放出しないだろう。

彼はまだ良い状態であるし、ジェイソン・テイタムやルカ・ドンチッチを獲得して再構築しない限り、今のロケッツは年を取りすぎている。

私なら何らかの形で再構築する。

来季は短縮シーズンになる可能性があることを考えるとね。

すべてのオプションをオープンにするが、ハーデンは放出しない。

ここ数年の彼らは勝ってきたのだし、負けてパニックになるのはフェアではない。

もし素晴らしいトレードオファーがあれば、話は違ってくるが、もう1年やってみる価値はあると思う。

(ラッセル・)ウェストブルックをトレードできるなら、私はウェストブルックをトレードで放出する。

ハーデンはこれまでクリス・ポールやドワイト・ハワードなどオールスタークラスの選手たちと共にプレイしてきたが、ロケッツをNBAチャンピオンに導くことができていない。

昨年夏のトレードでラッセル・ウェストブルックが加わったものの、やはりNBAチャンピオンに導くことはできなかった。

だが、それでもハーデンはNBAトップクラスの選手であり、アンストッパブルなスコアラーだ。

ロケッツはハーデンをトレードで放出して一から再建するのではなく、来季もハーデンを中心としたロスターを構成し、NBAチャンピオンを狙いにいくだろう。

なお、プレイオフで精彩を欠いたウェストブルックをトレードで放出すべきとの声も聞こえているが、ウェストブルックのパフォーマンスレベルとサラリーがネックとなり、トレードに応じるNBAチームは少ないと予想されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA