【スポンサーリンク】

クリス・ポール「クリッパーズに欠けていたのは運」

クリス・ポール、ブレイク・グリフィン、ディアンドレ・ジョーダンを擁した当時のロサンゼルス・クリッパーズは、タイトル獲得を狙えるリーグ屈指の強豪チームだった。

ジャマール・クロフォードなど素晴らしいサポートメンバーを揃え、ドック・リバースHCの指揮の下、フランチャイズ初となるタイトル獲得が期待されていたクリッパーズ。

だが、カンファレンスファイナルにさえ進出することができなかった。

では、なぜリーグ屈指のタレント軍団だったにもかかわらず、タイトルを獲得できなかったのだろうか?

ポールによると、当時のクリッパーズには運がなかったという。

ポールは当時を振り返り、次のようにコメント。si.comが伝えている。

(リバースHCが)よく言っていたものさ。

「チャンピオンになるためには運も必要だ」とね。

僕たちに幸運が訪れたことは一度もなかった。

ドナルド・スターリングの一件はチームとしての僕たちの欠点とは何の関係もないと思うよ。

間違いなく予想外のことだったけれど、それが人生さ。

スターリングの一件により、ボイコットの可能性を報じられたクリッパーズだったが、NBAや他のチームのサポートもあり、プレイを続けた。

とはいえ、この問題があったからこそスティーブ・バルマーがオーナーに就任し、フランチャイズとして好転につながったと言えるだろう。

当時のクリッパーズはグリフィンなど主力プレイヤーたちの負傷離脱があり、安定して戦うことができなかった。

それもまた運がなかったということなのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA