【スポンサーリンク】

マルコ・ベリネリ イタリアの状況は「クレイジー」

世界的脅威による死者数で、イタリアが中国本土を上回る事態となった。

イタリアは混乱状態にあるというが、イタリア出身のマルコ・ベリネリは母国の混乱に心を痛めているようだ。

両親と兄弟をイタリアに残しているというベリネリは、母国での現状について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「クレイジー。まるで映画のようだ。イタリアに戻れなくて悲しい。イタリアに戻って、家族のそばにいたい」

「多くの人々は備えができてなかった。俺たちのように、多くの人々は真剣に受け止めてなかった。今、人々にはルールを遵守することが求められてる」

「彼ら(イタリアの家族)は外出することができない。食料品を買うために外出できない。店に行くと、行列に驚くだろう。人々は店の外で待ってる。(入店制限のため)ひとりずつしか入れないからね。かなり厳しい状況だ」

NBAはプレイヤーたちに自宅待機を要請しているが、アメリカ国内であれば故郷に戻ることを認めている。

だが、海外への渡航は制限されているため、特に海外に家族がいるプレイヤーたちは不安な毎日を送っていることであろう。

2カ月後にNBAシーズンが再開された場合、海外出身のプレイヤーは家族に会えないまま戦わなければならない。

NBAには彼らのケアも求められることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA