【スポンサーリンク】

カリス・レバート ジョエル・エンビードとベン・シモンズの記者会見は「失礼」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードとベン・シモンズは、ブルックリン・ネッツのプレイヤーたちに火をつけてしまったのかもしれない。

エンビードは先日のファーストラウンド第2戦でネッツのジャレット・アレンにエルボーを見舞い、エンビードにはフレイグラントファウルがコール。

エンビードは試合後の記者会見中、「故意ではなかった」とし、謝罪の言葉を口にしたが、隣に座っていたベン・シモンズがエンビードのコメント中に笑い出すと、エンビードもつられて笑った。

この態度について、ネッツのカリス・レバートは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「本当に好きじゃない。(記者会見中の笑いについて)失礼だと俺たちは思ってる。彼(エンビード)がエルボーを見舞った後だから余計にね」

「今はプレイオフ。さらなるモチベーションがなければ後退してしまうだろう。ただ、あれがさらなるモチベーションにつながるとは思ってない。俺たちにはすでに彼らを叩きのめしたいという十分なモチベーションがあるのさ」

幸いにもアレンに怪我はなかったが、ベテランのジャレッド・ダドリーは「あれはエンビードの個性でもあるけど、それが正しいということではない」と厳しく指摘。

シリーズ第3戦もフィジカルゲームが繰り広げられることになるであろうが、怪我なく戦ってもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA