【スポンサーリンク】

デレック・フィッシャー ニックスのヘッドコーチに就任

昨季までオクラホマシティ・サンダーでプレイしていたデレック・フィッシャーが、ニューヨーク・ニックスのヘッドコーチに就任した。

情報筋によると、フィッシャーとニックスは5年で2500万ドル(約25億6000万円)で契約したという。

ヘッドコーチとしての経験がないフィッシャーだが、果たしてニックスを常勝軍団へと導くことができるのだろうか?

おそらくフィル・ジャクソン球団社長もさまざまな形でフィッシャーをサポートしていくことになるだろう。

ヘッドコーチの就任会見で、フィッシャーは次のように話している。

「ヘッドコーチとしての経験がないということは確かだ。私はこれまでNBAはもちろん、カレッジやハイスクールのヘッドコーチ経験もないからね。だけど、バスケットボールの経験がある」

フィッシャーが指揮を執るニックスは、ほぼ間違いなくトライアングル・システムを取り入れるはずだ。

ロサンゼルス・レイカーズ時代にジャクソンの下でプレイし、NBAタイトル獲得をなし得たフィッシャーは、「トライアングル・システムが本当に好きなんだ。我々のロスターならより効率的に、より効果的にトライアングル・システムを使えると思う。ディフェンスもFG成功率も上がると思うよ。私はトライアングル・システムを信じてるからね」とコメント。

動向がいまだ定まっていないカーメロ・アンソニーだが、トライアングル・システムにアンソニーのスタイルはマッチすると見られている。

フィッシャーとともに会見に出席したジャクソン球団社長は、数日中にスティーブ・ミルズGMとともにカーメロ・アンソニーと面会する予定だという。

アンソニーがほかのチームへの移籍を決断するとなると、ニックスとしても新たなエース獲得に動かなければならない。

まずはロスターを固めることがフィッシャーの大きな仕事になるだろう。

だが、競争激しいNBAで18年もの間トッププレイヤーとしてプレイし続けたフィッシャーなら、きっとニックスを再び強豪チームへと蘇らせてくれるはずだ。

「私の経験を選手たちとシェアしていきたい。そして、この組織と都市のDNAにあるチャンピオンシップ文化を再興させていきたいね」

フィッシャーはそう語り、チームの復活を約束した。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By nio

    現役選手でリーグ3連覇を経験しているのは、コービーただひとりだけか。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      もうあれから12年ですもんね・・・
      それほど難しいってことなんですよね(゚д゚)!

*

CAPTCHA