【スポンサーリンク】

ティモフェイ・モズゴフ キャブスへの移籍について「ただの噂」

レブロン・ジェイムスが復帰したクリーヴランド・キャバリアーズは、ディフェンスで力を発揮できるビッグマンの獲得を狙っている。

今現在噂されているのは、デンバー・ナゲッツのビッグマン、ティモフェイ・モズゴフの獲得だ。

ロシアでインタビューに応じたモズコフは、次のように話している。

「デイビッド・ブラットHCのチームでプレイすることには、もちろん興味があるよ。ロシアのナショナルチームで一緒だったし、彼のコーチ哲学を理解してる。ブラットがみんなから好かれているのは、彼はいつも自分自身とチームに高い目標を掲げるからなんだ」

「クリーヴランドへのトレードは、ただの噂に過ぎないよ。デンバーで過ごした昨シーズンは良かったと思うし、チームを去るために何かしようとすることはスマートじゃないよね」

一方で、「レブロンと一緒にプレイしたい」とも話している模様。

情報筋によると、キャブスとモズゴフは相思相愛の関係にあると言われている。

なお、9月2日時点でキャブスのロスターに登録されているセンターは、アンダーソン・バレジャオ、ブレンダン・ヘイウッド、アレックス・カークの3選手。

相手チームのビッグマンにはトリスタン・トンプソンがマッチアップする可能性もあるが、キャブスのゼネラルマネージャーはインサイドの弱さを自覚しており、ディフェンス力のあるビッグマンをロスターに加えたい意向だ。

NBAキャリア5年目を迎えるモズゴフは、ナゲッツに負傷者が続出したこともあり、昨季82試合に出場。

平均9.4得点、6.4リバウンド、1.2ブロックショットと、いずれもキャリアハイの数字を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA