【スポンサーリンク】

チームUSAがウクライナに勝利!グループリーグ5戦全勝!!

日本時間5日に行われたFIBAバスケットボール・ワールドカップのグループリーグ、チームUSA対ウクライナ代表の試合は、95-71でチームUSAが快勝。

グループリーグ5戦全勝で決勝トーナメント進出を決めた。

第1Qではウクライナ代表のスローペースな試合運びに流され、5点のリードを許したチームUSAだが、第2Qで大爆発。

前半を12点リードで折り返すと、その後は危なげなく試合を進め、勝利をもぎ取った。

チームUSAでは、カイリー・アービングが11得点、6アシスト、4スティール、ジェイムス・ハーデンがチームハイの17得点、5アシスト、2スティールを記録している。

特筆すべきは、チームUSAのアシスト数とスティール数だろう。

出だしこそウクライナ代表のペースに巻き込まれたものの、終わってみればチーム全体で25アシスト(ウクライナは8)、12スティール(ウクライナは5)をマークし、攻守ともにバランスのとれたバスケットボールを展開したと言える。

なお、この勝利により、チームUSAは銅メダルに終わった2006年のワールド・チャンピオンシップ以来59連勝を達成した。

チームUSAのマイク・シャシェスフキーHCは試合後、次のようにコメント。

「我々はチーム一丸となって戦う方法を探してる。ボールをシェアできてたし、全体的に良かった。チーム全員がそう感じてると思う。これって重要なことだよ。グループを首位で通過できて嬉しいよ」

日本時間7日に行われる決勝トーナメント1回戦で、チームUSAはメキシコ代表と対戦する予定だ。

⇒全スタッツはこちら

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
アメリカ 14 30 25 26 95
ウクライナ 19 13 22 17 71

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA