【スポンサーリンク】

NBAがマーカス・スマートにレフェリー批判で15000ドルの罰金処分

ボストン・セルティックスのマーカス・スマートは現地31日のミルウォーキー・バックス戦終了後、レフェリーのジャッジを強く批判した。

レフェリーは昨季MVPのヤニス・アンテトクンポにコールしたファウルを2度覆し、アンテトクンポは6ファウルで退場処分を免れることとなったが、スマートはこれに激昂。

「ただ彼(アンテトクンポ)をコートから出したくないだけだ」などとし、スーパースターに対する”優遇コール”に不満をあらわにした。

これを受け、NBAがスマートに罰金処分を科した模様。

larrybrownsports.comによると、レフェリーを公の場で批判したとし、NBAはスマートに15000ドルの罰金処分を科したという。

スマートはアンテトクンポからオフェンシブファウルを引き出し、アンテトクンポは6ファウルで退場となるはずだった。

だが、レフェリーはジャッジを覆すと、終盤にもアンテトクンポがスクリナーの股間あたりを強く叩いたとしてファウルをコールしたものの、これも覆した。

世界では平等を求める社会運動が続いているが、これらのコールがNBAスーパースターたちに対する優遇措置ではなく、平等の概念の基づいたものであることを願いたい。

なお、スマートのNBAキャリア通算罰金額は33万7000ドルとなった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA