【スポンサーリンク】

カイル・ラウリー「ラプターズには闘争心を持つ男が多い」

カイル・ラウリー「ラプターズには闘争心を持つ男が多い」

昨季NBAチャンピオンのトロント・ラプターズは先日、今季のNBAチャンピオン最有力候補のロサンゼルス・レイカーズに二桁得点差で勝利した。

チームを勝利に導いた立役者と言えば、やはりオールスターポイントガードのカイル・ラウリーだろう。

ラウリーは攻守にわたってラプターズを牽引し、試合終盤にはビッグショットを決めるなど強豪レイカーズにまったく引けをとらないプレイをみせた。

だが、本来であれば出場時間を抑えつつ、プレイオフへ向けた調整試合となる予定だったようだ。

ラウリーはレイカーズ戦を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ニック(・ナースHC)は僕たちに無理をさせず、(シードゲームを)エキシビションとして使うと言っている。

だが、僕たちには闘争心がある。

コートに出てプレイし、勝利を求める闘争心を持った男たちが多くいる。

特にウェスト1位のレイカーズのようなチームが相手だとね。

ラプターズは昨季、レギュラーシーズン58勝24敗、勝率70.7%でプレイオフに進出し、フランチャイズ初となるNBAチャンピオンに輝いた。

その後カワイ・レナードとダニー・グリーンという重要な2選手を失い、今季は厳しい戦いになると予想されていたものの、現時点で48勝18敗、勝率72.3%と昨季を上回る結果を残している。

今季のイースタン・カンファレンスは昨季MVPのヤニス・アンテトクンポ率いるミルウォーキー・バックスが圧倒的な強さを見せているが、ラプターズにも多くの注目が集まることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA